~ 登野城小学校の奉安殿 ~

s-IMG_8754
石垣島の都心部にある登野城小学校。
この正門の横には昭和6年に設置された奉安殿が今も残されています。




s-IMG_8755
ここで現在において全く関与する機会のなくなった奉安殿について、ちょっぴりご説明。



奉安殿とは・・・

天皇夫妻の写真である御真影と天皇の考え方を示した文書である詔勅を奉置したのが奉安殿で、明治24年に学校内に設けるよう法制化されました。
各学校においては、児童、職員は登下校の際には奉安殿に向かい最敬礼し、奉安殿の警護のため学校職員が昼夜を問わず番をしたそうです。

確かに子供が登下校の時に敬礼するシーンは、よく戦争映画のワンシーンで使われたりしましたね。



s-IMG_8757
重厚な建物そのものや意匠の施された石柱も立派に健在しています。



s-IMG_8761
ただ、階段がありません。これは戦後、意図的に破壊されたのかもしれません。



s-IMG_8758
近づいてよく見たいところなんですが、うかつに小学校に侵入すれば不審者として通報されかねないご時勢なのであくまでも敷地外から見学。

内部はどうなってるのかなぁ。箱の中身はなんじゃらほい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


~ 石垣空港付近の掩体壕 ~



s-07000014
八重山諸島への第一歩となる石垣空港。
この空港はかつての海軍南飛行場がベースとなっています。

滑走路の付近に軍用機の格納庫である掩体壕が残っているということで、周辺を探索してみました。



s-CIMG1301
空港敷地のギリギリ、細く荒れた道をガタゴトと進んでいくと、目の前に滑走路が現れました。
おそらくこの付近だろうということで、畑の横を草木を払いつつ歩いてみると、



s-CIMG1288
ありました。


s-CIMG1292
結構な大きさです。



s-CIMG1297
内部はこんな感じ。



s-CIMG1298
蚊がスゴイんです・・・。とてもじゃありませんが長居できません・・・。



s-CIMG1296
天井部。補強材が露出しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



~ 弾痕の壁 ~



s-CIMG1215
石垣市立図書館の前にある新栄公園。
その公園内の一角には不自然な壁がズ~ン。

これ、弾痕の壁というそうです。



s-CIMG1216
その名のとおり見事な弾痕。



s-CIMG1217
あっちもこっちもご覧のとおり傷だらけのエンジェル。


この壁、実は石垣島測候所の南側の壁なんだそうで、戦時中にも観測を続けていた施設だったということで米軍から爆撃を喰らい、今では八重山に残る貴重な戦争遺跡ということで、新栄公園に移設保存されたものなんだそうです。

そいえば、そういうことを記した説明板が見当たらなかったなぁ。
ただ保存すればそれでいいというものでもあるまいに。



s-07000021
こんなもん建てるくらいならサ・・・(* =_=)



弾痕が残る壁がある新栄公園はコチラ。市街地にあるので散歩ついでにどうぞ。