沖縄県は西表島。
旅行者に人気のある八重山諸島において、ひと際自然に溢れ魅力的な島である西表島。
個人的にも大好きな島のひとつです。
そんな西表島ですが、船浮という地区に、かつて帝国陸軍が築いた要塞がありました。


ウィキによれば

船浮臨時要塞(ふなうきりんじようさい)は、沖縄県西表島船浮方面に設置された大日本帝国陸軍の臨時要塞。
1940年(昭和15年)10月に要塞着工。西部軍戦闘序列に組入れられた。
駐留する砲兵部隊として、船浮要塞重砲兵連隊が1941年(昭和16年)9月24日に編成された。
同連隊は太平洋戦争後期の1944年(昭和19年)5月3日に野戦部隊である重砲兵第8連隊(通称号球4154部隊)に改称され、入野大二郎中佐が引き続き連隊長を務めた。
重砲兵第8連隊は独立混成第45旅団に編合され、同年9月に主力を石垣島に移した。
飛行場などの防衛のため陣地構築を行ううちに終戦を迎えた。

ということです。『臨時』って単語にレア価値を感じますねぇw

で、その臨時要塞のある船浮地区ですが、交通手段は船しかありません。
西表島の中にあるので車で行けそうなんですが、白浜より先に舗装路がないのです。


IMG_8412
ということで、しばしの船旅。
船浮臨時要塞へ向けてレッツらゴ~♪



IMG_8414
あっさりとすぐに着きます。チョー海きれい(*´ω`*)


IMG_8519
そしてすぐに見えます。あの穴ボッコが臨時要塞の跡です。



IMG_8522
ほんと海キレイだな・・・。まるで要塞とミスマッチ。


IMG_8415
船浮に着いたらほとんどの人はイダの浜を目指して右手へと歩いていきますが、要塞ファンは左手へと向かいます。
すぐに遺構とご対面です。


IMG_8419
臨時なので、突貫なんですね。
同じ要塞と言えども明治の要塞とは一線を画します。



IMG_8453
素掘りなので生々しさが残ります。



IMG_8425
トンネル内部に照明はありませんが、それほど距離があるわけでもないので完全な闇ではありません。




IMG_8455
途中に横穴が開けられていました。先ほど船から見えた穴だと思われます。



IMG_8427
あっという間にトンネルを抜けました。遺構はこの先にも点在しています。



IMG_8450
この壕はコンクリで造られたもの。用途は・・・



IMG_8432
おそらくは震洋が配備されていたのでしょう。

では中へ。



IMG_84311
なんともまぁ・・・。南の島の穴は入るのに随分と躊躇いますねぇ。
やめとこうかな。西表島のムカデとか凶暴そうだし(笑)



IMG_8436
発電所がありました。本当にコレ、発電所かいな?
緑の暖簾が誘ってるなぁ。でも入りません。気持ち悪いもん。




IMG_8448
次に弾薬庫がありました。こちらは発電所に比べるとまだマシかなぁ。



IMG_8444
入ってみました。ものすごい湿気とカビ臭さ。さすが亜熱帯の南の島って感じですねぇ。




IMG_8443
奥まで行こうか行くまいか、立ち止まって思案してみますが、

やめときます。どうせなんにもないんでしょ。


船浮臨時要塞には砲座の跡も残っているそうなんですが、なにせ森が深いので、下調べなしで突入するのは危険ということでこれにて撤収します。



IMG_84491
再びトンネルを通って港へと戻ってきました。
先ほどの横穴があった場所から眺める海はこんなにも綺麗。

要塞勤務の兵隊さんは泳ぎまくったのかなぁ。


要塞見学を終え、船浮といえばやっぱり、イダの浜へ行かなくちゃ。
ということで美しい海を目指して歩いていくんですが、


その途中、


IMG_8508
『あちこーこー』 というお店がありました。
『あちこーこー』 とは沖縄の方言で 『熱い』 ことをさします。

で、そのお店、よく見てみると、



IMG_85101
兵舎跡だったんですねぇ。


さらにおまけというのもなんですが、



IMG_8511
船浮小中学校がありまして、


IMG_8515
なんとイリオモテヤマネコ発見捕獲の地という場所がありました。
ほっへ~。ここでね~。イリオモテヤマネコがね~。

ちなみに捕獲をした人の息子さん、沖縄民謡界では有名な池田卓さんなんですよねぇ。
いい唄を歌うんですな。これが。



船浮港を左手に進めばすぐに要塞跡の遺構が現れます。