どもど~も(*´ω`)/

前回からの続きで2017年に2泊3日で訪れた京都旅行の続きです。
二日目の早朝、ホテルから五条楽園跡まで歩いてきました。

昨日、もうお腹いっぱいというくらい写真を撮ったので、今朝はゆっくりと散策し赤線街の雰囲気を楽しもうと思ってましたが、魅力的なカフェー建築を前に撮りたい衝動を抑えられませんでしたw

というわけで前回と似たような、いやほとんど同じ、といえる写真掲載となりますがあくまで記録ですので。記録w


ちなみに2016年の五条楽園跡訪問時の記録はコチラ




1
アールがかった玄関まわり、スクラッチタイルとモザイクタイルをあしらい、窓には鮮やかな色ガラス。たまらんですね(*´д`*)ハァハァ



2




3
ちょうど正面前に駐車場にバリケードがあったせいで、引きで撮影できなかったんですねぇ。
もうちょっと離れて全体写真を撮りたかったんですけどねぇ。



4




5
鴨川沿いにもカフェー調の物件が建ち並んでます。ほとんどが住宅として利用されてますね。



6
こちらはシンプルにモルタルのみ。



7
いやぁ、今日もお美しいですなぁ、孔雀さん。
数ある五条のカフェー建築の中でも屈指の存在感ですねぇ。



8
軒先テントも当時のものが残ってるんですねぇ。



9




10
派手な物件が多い五条楽園ですが、こういった一見すると普通の住宅に見える建物もいくつかあるので油断はできませんです。



11




12




13




14




15
不審者に思われないよう、足早に抜けていきます。



16




17




18




19




21




22




23




24
ローアングルで撮影してみましたが、個人的には気に入ってますなぁ。
雰囲気出てると思いますがどうかなぁ。



25



26




27
再びのローアングル。妓楼が並ぶこの三叉路は特徴的ですねぇ。



28



29

次回もクドイくらい五条楽園の続きです。ではでは~(=゚ω゚)ノ