どもど~も(*´ω`)/

前回から引き続き、長野県飯田市にあった二本松遊郭跡(飯田遊郭)を2018年に散策した時の記録です。
なんやかんやで飯田駅から結構歩きましたねぇ。
そいえばこの近くに飯田市旧飯田測候所があって後で見学しようと思って忘れて帰ったことを今さら悔やんでます。


1
というわけで、かつて二本松遊郭が存在していたという普天院の天満宮へやってきました。
住宅地の中にあって集合住宅が参道すぐ横に建っているのでなんだか窮屈な感じがします。




2
今となっては天満宮周辺に遊郭が形成されていたとは思えないほどのひっそり感。



3
かつての規模はわかりませんが、現在の天満宮は小さくて質素な拝殿なんですねぇ。



4
飯田市観光協会によって設置された案内板には飯田遊郭についての記載がありました。
後背部の二本松が飯田遊郭の目印だったというとで・・・




6
おお!あれが二本松か!
と思ったら松じゃなくて杉っぽい。





7
ここら辺りに二本松遊郭の門があったようです。
道路が鍵の手になっており遊郭特有の街路がその名残になってるんですねぇ。




8






9





10
仲ノ町という地名も遊郭跡でよく見かけます。




11
天満宮周辺に残る関連らしき物件。
飲食店か何かだったようですが、だいぶ傷んでますねぇ。




12





13




14





15





16
こちらの住宅ですが玄関まわりの装飾がちょい気になるところ。



17
町の電気屋さん。
なんかカフェーちっくに見えてしまうんですが・・・w




18
入口がふたつ有るのこの住宅もそれっぽいんじゃないかなぁと思うわけですがどうでしょ。




19




20
天満宮周辺をブラブラした後は谷沿いを歩いて青線跡のくつわ小路へ行ってみます。


てな感じで次回も『二本松遊郭跡に行ってきました』の続きです。
ほいでは~(*´ω`)/