どもど~も(*´ω`)/
今回も2019年に京都を訪れた際の記録ということで、島原遊郭跡を散策したあとは五条楽園跡に寄ってみました。
ほぼ毎年のように五条楽園に訪れ定期観測のようになってますが、来る度にアッチコッチ変化していきますね。もうヤバめな雰囲気なんて全然感じません。

というわけで過去の記事はコチラ
これはビックリしましたねぇ。本家三友の前にドドーンとホテルリブマックスが出来ていました。
いやぁ、なんちゅう立地w



2
全面パステルなモザイクタイルのカフェー建築には売物件の看板が設置されていました。
ん~。どうなっていくんでしょうねぇ。



3
五条楽園に来る度にピンキーなタイルを撮影していましたが、買い手がつかなければもしかしたらこれが見納めになるのかもと思いつつ・・・。



4
二階の丸窓が印象的なこの建物は健在でしたが、隣は更地と化していました。



5
いやぁ、この場所なんだったっけかなぁ。何が建ってたっけかなぁ。




6
いつも内部が観れなかった五條製作所ですが、この日はオープンしていて足元のタイルを拝むことができました。



7



8



9



10



11



12



13
こちらの建物はしばらく廃物件だったと思いますが、改装工事を施しでゲストハウスになるみたい。
ちょっとだけ雰囲気が変わったかなぁ。



14
タイルやらガラスやら建物の既存装飾はそのまま活かすリノベーションのようです。
ぜひぜひオープンしたら宿泊してみたいですねぇ。



15



16



17



18



19



20



21



22



23



24
高瀬川沿いのこの建物もしばらく放置されていましたが、料理屋さんとしてすでに営業されてる様子。



25



26



27



28



29



30



31



32



33



34


35
寂しげな赤線の雰囲気が残っていたこの建物もすっかり改装されて随分印象が変わりました。
宿泊施設になったのかな。



36
あれ???孔雀は????
ショック((((゚д゚;ノ)ノ



37
お茶屋を改装した五条モールも今まで入ったことなかったんですよねぇ。
カフェとか雑貨屋、ギャラリーとかあるみたい。



38



39
ゲゲ!今、写真を見て気付きました・・・。
2F 204 京都カストリギャラリー。
え~、マジでぇ?なぜ気付かなかった自分のバカ。
ああ、しまった・・・。観たかったぁ・・・。





40



41
五条楽園近くにある任天堂ビル。ここが任天堂発祥の地なんですねぇ。
そしてここでも泰山タイルを見逃すという失態・・・。



42



43
任天堂ビル前にあるその名も任天路地。関係者以外は立入禁止みたい。



44


45
引き戸のガラス越しに五条楽園の紋が入った暖簾が見えます。



46
某指定暴力団の本部ビルは現在使用禁止中。



47

というわけで以上、2019年の五条楽園跡の様子でした。
ほいでは~(*´ω`)/