どもど~も(*´ω`)/

2019年一泊二日で行く金沢の旅。
二日目の朝、『ひがし茶屋街』と『愛宕』を散策したあとは、浅野川を渡って『主計町茶屋街』にやってきました。
金沢三茶屋街のひとつとして数えられる『主計町茶屋街』ですが、かつては『主計町遊郭』として加賀藩が設置整備した廓だったそうです。


1
川沿いに建ち並ぶお茶屋さんの景色は、確かに古都らしい風情がありますねぇ。
春には桜並木がライトアップされるそうで、絶好の花見スポットみたいです。



2
橋を渡った先に主計町料理料亭街の入り口看板がありました。
ちなみに泉鏡花ゆかりの地ということで、この一帯はいたるところ鏡花鏡花しています。




3



4



5



6
このエリアは金沢市主計町伝統的建造物群保存地区に指定されてるんですね。
全国各地の遊郭跡において待ったなしで次々と建物が取り壊されている現状とは対照的な扱いです。



7
細い路地を抜けるともう一本並行して路地があり、その先に『あかり坂』と『暗がり坂』があります。
とても雰囲気のいい場所なので、後ほどじっくりと写真を撮りたいと思います。



8



9



10
三階木造茶屋建築の旅館木津屋さん。
建物は趣があって素晴らしいし周辺の観光拠点となる立地も最高だし、さぞかし宿泊代はお高いんでしょうねぇと調べてみたら、ビックリ驚きお手軽価格で宿泊できるみたい。
次、金沢へ遊びに来る時は是非利用したいと思います。




11



12



13



14



15



16



17



18



19



20

お次も主計町茶屋街周辺を散策します。
ほいでは~(*´ω`)/